ビデオ通話ができる出会い系アプリはしっかりした運営会社が多く、信頼できるアプリが多いのです。

ビデオ通話が男性に人気の理由その2「サクラが少ない」

MENU

サクラが確実にいない

 

出会い系アプリはサクラが多い事が問題になっています。
サクラはアプリの運営者が客寄せや、アプリ内で男性ユーザーからたくさん課金をさせる目的で活動しています。
サクラの正体は運営者が雇ったバイトで、実は男性が女性を偽ってサクラをやっている事もたくさんあります。

 

出会い系の攻略サイトを見ると、サクラはプロフィールの内容やちょっと連絡のやり取りをすればすぐに見極められると解説していることがよくあります。

 

しかし、実際にサクラを完璧に見極める事は困難で、サクラ被害者も増えて警戒されるようになった事から、運営側も気付かれない対策を取るなど手口も巧妙化しています。

 

また、女の子探しは本来、夢と希望が膨らみ楽しいものなのですが、まずはサクラかどうかの見極めで疑いの目から入る事になると、出会い系で活動していても楽しくありません。

 

OKサインを出す女性

ビデオ通話が男性に人気の理由は、サクラが少ない事が挙げられます。

 

少なくてもビデオ通話に応じてくれる子は、プロフィール写真の本人である事は確定で、男性やオバサンが偽ってサクラをやっている事はまずありません。

 

サクラは通常1人で複数名のアカウントを操っています。

 

ビデオ通話はこのような、なりすまし行為をやろうとしても、ビデオ通話をするとバレてしまうため、サクラを雇うにもアカウント1つにつき1名の人員が必要になります。

 

それでは運営も採算が合わないため、メッセージチャットアプリよりもリアルユーザーが多いと評価されています。

 

 

運営がしっかりしている

 

メッセージチャットのみのアプリは、システム構築するのが簡単で個人がデベロッパーになっているケースが多いです。

 

ビデオ通話アプリも個人名義でリリースしているアプリも一部でありますが、大半はシステム開発能力が高いしっかりしたIT企業が運営しています。
運営母体がしっかりしている事や、悪質な運営をしてはすぐにアプリを廃止にして、違う名称のアプリをリリースするような方法が通用しにくいです。

 

アプリをリリースするまでのハードルが高いからこそ、サクラに頼る悪徳業者が参入する事が少なく、運営がしっかりしている優良サービスの比率が高くなっています。